メニュー

ワーキングプアを脱出した先。普通の暮らしについて考えてみよう

カテゴリ
2.ワーキングプアから抜け出せない、抜け出したいと考えているあなたへ
  • ワーキングプアから抜け出す方法

  • 普通の暮らしってなんでしょう?

    • 結婚して幸せな家庭生活を営むこと?
    • 衣食住に困らず慎ましやかに生活できること?
    • 定期的に旅行などへでかけることができるようになること?
    • 年収●●●万円手にすること?
    • 趣味に没頭すること?
    • 独立して自由な時間を手にすること?

     
    その答えは、人それぞれに異なっていると思います。
    ですのでここは一つ、「自分が考える普通の暮らし」がどのようなものかについて掘り下げてみましょう。

     

    「自分が考える普通の暮らし」を考える理由

    ワーキングプア状態から脱却するにしてもなんにしても、まずは目標設定が大切です。
    一定のゴールが見えないと、何に対して考えなければならないのか?何に対して時間を割かなければならないのか?などが曖昧となってしまい、ボヤけます。目標がボヤけていると、途中で「自分は何故こんなことしているんだろう?」となり、投げ出してしまう可能性が多くなってしまいます。

    夢を叶えたアスリートの小学生の頃の作文などで見かける「将来●●でオリンピック選手になる」と同じです。
    明確な目標があれば、それに向かって努力を積み重ねることができるようになり、目標を達成することができる可能性が格段に上がります。

    ちなみにですが、このアスリートの目標設定については人によって詳細度合いが異なるようで、具体的になればなるほどその夢を叶える力が大きくなるようです。
    「アスリート 小学生の頃 作文」などで検索してみてください。
    超一流アスリートたちの「こんなこと小学生の頃から考えてたの?」と思えるくらい具体的に目標設定された作文が出てきます。これが目標設定の力。

    ここまで大きな結果を自分に設定し、達成することは難しいにしても、目標設定の意義はご理解いただけたかと思います。

     

    普通の暮らしについて考えてみましょう

    普通の生活・・・。
    その先には「理想の生活」があります。

    そして、その基準は個人個人で異なります。
    よく「年収●●万円以上欲しい」「年収●●万円以上あれば普通に暮らせるのに」などの話を聞きますが、その形を考えるときは、「年収ベース」で考えるのではなく、「自分が考える理想の生活」について考えてみると良いです。

    最低目標を「普通の生活」とし、最高目標を「理想の生活」とします。

    この目標設定を考えることについては後々詳しくまとめますので、まずはこの2つの目標が自分にとってどのようなものかについて、漠然とで良いので考えてみてください。

    考える要素としては、

    • 家族構成(独身?結婚?)
    • 趣味や社会活動(自由時間)
    • 健康に関すること(保険など)
    • 老後の備え(将来不安についての対策)

    などです。
    この内容によって必要な収入や支出が決まってきますので、年収などについてはまだ考えなくても大丈夫です。